2007年1月号の英誌"Trout & Salmon"に続き、2月号でもアンディーの記事が大きく掲載されました。SALMON MASTERCLASSと題し、アンディーがスプリング・サーモン・フィッシングについて、同誌副編集長リチャード・ベーカー氏に語った6ページにわたる記事です。
場所はEden at LazonbyのSalmon Pool。傍らに立っているのは、ギリーのEdwin Tailford氏。ここで副編集長のBaker氏にアンディーのサーモンフィッシングについての考え方を交えながら、どのようにこのプールを攻略するか解説しました。
フライの選び方から始まり、フライとリーダーの結び方、川の読み方、スプリング・サーモンへのアプローチの仕方、状況に合わせたキャスティング方法など、彼の経験と理論に基づき丁寧に解説しています。この記事は非常に参考になると思いますので、日本語にしたものを後日掲載したいと思います。

Good News - 一年がかりでアンディーを口説き、やっとAndyのフラ・イセレクションを入手できそうです。彼がどんなフライを使っているか近々ご紹介できると思います。お楽しみに。